ほんわか狆太郎パート2

usami1027.exblog.jp
ブログトップ
こちろっち君が息を引き取りました。

最後はお水を飲み、しばらくして吐き、呼吸困難になりました。
あっという間でしたが苦しい最後でした。

金曜日の病院を最後にして良かったと思います。

月曜の朝に最後の抱っこ散歩をして、昨日はみんなと一緒に居られました。
今日はゆりこちゃんがずっと一緒に寝ていたから分かってたかな?

汚れた体を洗って段ボールの棺に入れてあげようと思います。

小さな体で精いっぱい頑張りました。
[PR]
# by shirayuki312 | 2018-03-02 00:12
ジジイことポメラニアンのこちろっち君が1月に倒れ、腎不全の診断を受けてから1カ月余の闘病生活が過ぎようとしている。

原因は腎臓いっぱいにたまった石。シュウ酸カルシウムの石。

ここまで石が大きいと外科的治療となるのだが、ジジイは心臓が悪く手術もできない。

左の腎臓の管が多分石のかけらで詰まり炎症を起こし腎不全になったらしいのだ。

ジジイは噛みつき犬、レントゲン、エコー等は全くできない。

麻酔もかけられない。だから多分なのだ。

それでもお医者さんが最低限の検査を電光石火で行ってくれたのだ。

だが辛うじて機能していたもう一つの腎臓もダメになってきた。

先週の金曜日を最後に治療を断念した。

ジジイが断固拒否、興奮して唸る、噛みつく、そして倒れてしまう。

痩せて骨と皮という状態で断固拒否なのだ。

昨日は久しぶりに体調が良く、上着の懐に入れて散歩をした。

嫌なことさえしなければ素直な子なのだ。

明るい真っ青な空に雪を頂いた山々が美しかった。

目を細め、辺りの景色を眺めていたジジイ。

あの散歩が最後になるのだろうか。

釧路の保健所から家に来て1年4カ月しかたっていないのになあ。

まだまだ楽しいことがいっぱいあるのになあ。

連れてきたときから治療のできない子、重い病気になれば手を焼くだろうことは分かっていたけどなあ。

昨日から下半身のマヒが進み、もう立ち上がることができなくなった。

別れの時は近いと思う。

さんざん私に噛みついて、わがまま放題で去っていくのか。

顔も2階噛みつかれ、左の頬にはシミが残ったよ(年を取るとあおたんまでシミになると初めて知ったわさ)。

苦しまずに逝ってほしい。

それだけを願っている。
e0291827_2016722.jpg

[PR]
# by shirayuki312 | 2018-02-27 20:16

一花はおいてけぼり

毎日裏山に上るワンズ達。

あっこと鈴丸が今シーズンからはまっているのは「裏山のさらに奥の山」と「裏山の谷向こうの山」。

だからお子ちゃま一花はおいてけぼり。

e0291827_18303612.jpg

「お姉ちゃんが・・・いな~い・・・」

e0291827_18403210.jpg

「お兄ちゃんが・・・いな~い・・・」

e0291827_1844574.jpg

「一花、またひとりぼっちだ・・・」

e0291827_18572558.jpg

「兄ちゃんと姉ちゃんは一花をおいて向こうのお山に行きました・・・」

e0291827_1863574.jpg

「バカな子たち。人間から離れたらおやつもらい損ねるじゃないの!」

ここまでフィールドが広がるとさすがに呼んでも戻るまでに20~40分ほどかかる。

呼ばれて戻っても私たちが移動していることもある。

今シーズンは2度完全にはぐれ、遠吠えで位置を知らせてきた。

遠吠えは離れていてもよく聞こえる。森の中にいても位置や距離も分かる。

何度かはぐれて、あっこと鈴丸も考えたらしい。

こちらのいる位置がわかっているときは次のおやつポイントに先回りして待つようになってきた。

e0291827_18145745.jpg

「おやつポイントだ~!」・・・あんたら要領良すぎだわ!

e0291827_18184979.jpg

「いつものおやつ風景」

e0291827_18204799.jpg

一花「いいないいな、カイちゃんおやつもらってる!」

e0291827_18261816.jpg

「一花、待ちきれな~い!ニルスママからうばいとるう!!」

あっこと鈴が戻ってきたとたん元気になる一花。
e0291827_191825.jpg


これが年下の宿命だけど、来春には私たちが一花に置いて行かれるようになるのだろうなあ。

楽しみでもありちょっぴりさみしくもありです。

[PR]
# by shirayuki312 | 2017-12-24 19:02 | ペット
1年ぶりの更新です。

今年の7月31日に中標津保健所まで迎えに行った女の子がうちの子になりました。

しばらくは里親募集をしていましたが声はかかりましたがご縁がなくそのままうちの子に。

連れてきたときは前歯以外は乳歯でしたから3~4カ月?

名前は「一花(いちか)」です。

e0291827_21230322.jpg

初日から粗相もせず、シートに排泄、賢くて明るくて元気いっぱいの女の子でした。

誰とでも仲よく遊べる一花は、毎日ドッグランで走り回り、友達もいっぱい作りました。

10月には3匹の仔犬を預かったのですが、一花は優しく面倒を見てあげていました。

母性の強い子で一気にヒートが来てしまい慌てて避妊手術をしました。

仔犬たちはみんなそれぞれのお家が決まり、去っていきました。

e0291827_21303705.jpg

冬になったのでいよいよ裏山を駆け回ることになりました。

毎日3時間、あっこ、鈴丸と一緒に雪の山を走り回っています。

呼び戻しも完璧(というか、最初からできてた)です。

e0291827_21425568.jpg


こんな良い子を捨てたやつ・・・

大損したな!

うちは大儲けさっ!






[PR]
# by shirayuki312 | 2017-12-12 21:47 | ペット

家族が増えました

私の場合、家族と言えば動物です。

スピッツファミリーは父犬、母犬、兄妹のうちの1頭が亡くなり、姉妹犬が2頭残されました。

e0291827_21384437.jpg


2014年の12月、3.5ヶ月でやってきた野犬の子のあっこちゃん。

e0291827_21173993.jpg


e0291827_21374110.jpg


2016年の9月に1か月とちょっとでやってきた野犬の子鈴丸君。

e0291827_2122336.jpg


e0291827_21322768.jpg


同じく2016年の10月13日に釧路保健所から引き出してきたポメラニアン(ミックス?)のこちろっち君10才。

e0291827_21261262.jpg


全部で5頭のワンズファミリーとなりました。

11月から散歩のメイン会場がドッグラン~雪山に変わりました。
[PR]
# by shirayuki312 | 2016-12-02 21:48 | ペット

ほんわか狆太郎の続編です!よろしくね!


by shirayuki312