ほんわか狆太郎パート2

usami1027.exblog.jp
ブログトップ

石狩保健所の子

石狩の保健所で保護されているスピッツみたいな子、見てきました。

体がかなり小さいくて、かわいい顔をしています。

e0291827_13332325.jpg


ポメラニアンとスピッツのミックスなのか、もしかしたら大きめのポメラニアンなのかもしれないなと思いました。

e0291827_1335291.jpg


おそらく外飼いだったのでしょう。被毛はねずみ色です。

職員さんが少しずつ毛を刈ってくださっているのですが、刈り上げた後を見ると
白いアンダーコートがフェルト状になっているのが分かります。

e0291827_1339252.jpg


このフェルトの中から砂やほこりがどんどん出てきます。

1度もシャンプーなどされたことはないのでしょう。

本人はいたって元気。

右目は白濁していますが左目は見えるようです(右目も視力はあるようです)

歯がとてもきれいなので、もしかしたら思っているより若いのかもしれません。

様子をみるとつなぎっぱなしであまり構われてこなかったように思えます。

ご飯やおやつを見るとぴょんぴょんはねて嬉しさを表現するので可愛らしく思えますが、
落ちたおやつを拾ってあげようとしたら唸りながら噛みつきました。

ためしに長靴でおやつを抑えてみると、長靴にも激しく噛みついてきます。

噛むことが目的というより、手や足をどけさせようとしてるのです。

ですから直後におやつを指に挟んで鼻先に持っていっても唸ったり噛みついたりせずに上手にパクっと食べることができました。

e0291827_1340284.jpg


おやつをものすごく小さくちぎって指で挟んであげても指を噛むことはありません。

噛み癖がある子ではないのです。

顔のあたりを触ると歯を当ててきますが、お尻お触ってもなぜか怒りません。

つながれっぱなしの状態で、食べることだけが楽しみで生きてきた犬生だったのでしょう。

後ろ右足は不自由なようですが散歩に支障は無いそうです。

収容されたときには左目が腫れていたそうですが、今は腫れてはいません。

右目の白濁も栄養状態が悪くてなったのかもしれません。

毛がもこもこあるのでそういう風には見えませんが、やせていたそうです。

今は栄養のある美味しいご飯を毎日食べさせてもらって体重も増えているそうです。

ウンチの状態も良いし、食欲旺盛なので健康なんだろうと思います。

かまってもらえない生活をしてきたためか、抱き上げようとするなど嫌がるようです。

噛んできます(本噛みではないようです)

自分の要求をするだけの子ですからこれからこの子と心を通わすことができるまでには愛情と忍耐が必要だと思います。

e0291827_1349670.jpg

[PR]
by shirayuki312 | 2014-04-17 13:49 | ペット

ほんわか狆太郎の続編です!よろしくね!


by shirayuki312