カテゴリ:健康( 8 )
ついに60キロを切る!
やせた。

2012年春は身長166.4センチ。体重67キロだった私。

仕事を辞めてから3~4キロはすぐに落ちたがその後全く落ちず。

落ちては戻りの繰り返しだった。

いろいろあって・・・そう、いろいろね。



昨年雪が積もってからの長靴山歩き、もっと積もってからのかんじき登山が相当に効いた!

はじめは1時間だったのが1時間半になり、2時間、2時間半と増えていき、ついに3時間が普通になってしまった。

朝は早くから出発するのでワンズも私も朝食抜き。

山の中で散歩仲間の薫さんが握ってくるおにぎりをほおばる。

これが朝食になる。

汗が大量に出るので水を飲む。

これで61キロ~62キロ台を行ったり来たりくらいまで落ちた。

ここでまた停滞。

雪がとけ春になり、同じ山散歩でも私たちの運動量はがっくり減った。

このころ友人の弥生さんから指導を受け、ワンズの手造り食を始めた。

生肉。生野菜、果物の酵素を体に入れるワンズ食を作るのだが、ほぼ同じものを人間用にアレンジして自分も食べるようになった。

特にパイナップルとバナナ、納豆はほぼ毎日食べている。

クルミ、アーモンド等ナッツ類、ドライフルーツも毎日だ。

最近はまってるのがもずく酢。

昨年秋から合計40キロのリンゴと40キロのミカンを注文した。

思い起こせばお菓子も食べなくなり、コンビニにも全く行かなくなったわ。

お弁当も買わなくなった。

だけど体重は相変わらず62キロを境に行ったり来たり。

そしてついに山菜の季節到来!

フキノトウ、フキ、アズキナ、ボウナ、ギョウジャニンニク、こないだからウドも採れ出してきた。

もう青野菜は買わない。

犬も私もアズキナ中心だ。

デトックス効果抜群の山菜。おかげで毎日超すっきりだ。

そうしているうちにすとんと60キロを割った。

戻るかな?と思って計るがどうやら戻りはしないようだ。

高校生の頃の体重は57キロがベストだったがスポーツをバンバンしていたころのベスト体重は61キロ。

もうあまり落としたくない。60キロを境に行ったり来たりくらいが今の私にはベストかな?

おかげでGパンのサイズもダウン、TシャツはメンズM、レディースLサイズが着られるようになった。

メンズLLサイズしか着られなかった私。Lサイズでもお尻とおなかが引っかかっちゃってたのだ。

またずれの肉も無くなった。

こうなると、もう一生やせる日は来ないだろうと思い他人にやってしまったスーツやドレス、ワンピースなどが悔やまれる(ま、どうせ着ないんだけどね)

おなかが引っ込んできたので体にフィットするものも着られそうだ。

腹回り、ウェスト周りの脂肪が落ちればあと1~2キロ体重は落ちるはず。

その分筋肉をつけて体重を増やしたい。

おっと、いけない!明日の朝も5時から貴ちゃんのじいちゃんとアズキナ採りだ!もう寝なくちゃね!
[PR]
by shirayuki312 | 2016-05-12 21:17 | 健康 | Comments(2)
今にして思えば・・・
「ユマニチュード 」だったんだ・・・


2010年の12月。

私の父がバリバリの認知症になって我が家にやってきた。

父の顔には表情が無く、私の顔も見ない、会話もほとんど無い。

喜び、楽しみは無く、怒りと不安だけがが強く感じられた。

着替えを拒み、寝付かせても夜中になると15分おきに起きだして徘徊する。

視力が低下していたので遠くに行くことはなく、部屋をうろうろと手探りで歩く。

何かを大声で叫ぶことも。

誰かが窓から家の中をのぞいているといい、窓をふさごうと干してある洗濯物を窓に貼り付けようとしたり…。

徘徊は明け方まで続く。

そのたびに様子を見てトイレに連れて行ったり、水を飲ませたり、意識がないときはベッドに戻るまで見守り、布団をかけなおしたりした。




だから、何とかコミュニケーションをとりたくて父の顔20センチほどの距離で正面から目を覗き込みながら毎日話をした。

「お父さん!この魚美味しいね。」とか「お父さん!この漬物硬いわ~。たべてみてごらん。」「おもしろいね。」「きれいだね。」など父が感じられなくなったであろうことを繰り返し繰り返し切れ間なくずっと話しかけてた。

父の目は私を通り越して何かを見ているような何も見ていないような感じだったが、かまわず続けていた。

何とかこの目から頭の中に入り込んでやろうと思ってしつこく話しかけた。

話しかける時は必ず「お父さん!」をつけて話した。

テレビも昔父が好きだったようなものを選んで見せ、質問したり話しかけたりしてた。

足がむくんでいたので毎晩のように足をなんちゃってマッサージしたのがスキンシップになってたんだろうな。




当時私はサラリーマンだったから、デイサービスを利用した。

幸い父はお金に困らない生活ができていたから、私が休みの日以外は朝8時からあずかってもらった。

そこで入浴をお願いし、やっと下着を着替えさせることができた。

父はデイサービスが嫌いでお風呂の時以外は家に帰りたがり、迎えに行くと帰り支度を整えてひたすら私の迎えを待っていた。




やがて父はポツリポツリと質問や話に反応するようになってきた。

「お父さん!とんかつ、どうだい?美味しいかい?」「美味しいな。」

「お父さん!肌着を取り替えると気持ちがいいねえ。」「気持ちがいいな。」

こんな感じ。

でも拒否する時はすごい。特にせかしたり、こちらがイライラしたりするともうダメだ。

「なんで着替えなくちゃならないんだあ!俺は着替えないぞお!」こんな感じですごく抵抗する。

それがある朝父が突然私を呼びつけ、「話がある。ちょっとここに座れ。」と言った。

自発的な意思表示はこれが初めてだった。

それまでは「お父さん!肌着着替えると気持ちいいっしょ。フカフカであったかいっしょ。」「気持ちがいいな。」というようなオウム返しのような反応だったから。

「俺はこれから服を着替えることにした。」と言い出した。




その頃からかな?

私の存在にようやく気が付いたようで、珍しいものでも見るような目つきで私の顔を見るようになった。

目を合わせるようになった。

そうなってからは早かった。

バラバラだった記憶がどんどんつながりはじめ、時系列に整理されていったみたい。

でも父が覚醒した時間は現在ではなく、まだ亡くなった母も、自分の父母も生きていた頃だった。

だから、「お袋に電話しないと・・・」「静子は(母はもう何年も前にこの世を去ってたんだけど)旅行に行ってるんだよな?」などと言い出して困った。

デイケアの職員の方に相談すると「本当のことを教えてあげていいのです。」と言われたので電話をかけると言い出したときに普通の会話という感じで「おじいちゃんもおばあちゃんももういないんだよ。何年も前に死んだでしょ。二人とも。だから電話できないんだよ。」「青森の家はもうないんだよ。」と答えた。

これは言い出すには結構勇気が必要だった。

腹をくくって、さも当たり前のことを話すような感じで事実を伝えた。

それでも父は毎日毎日、日に何度も何度も同じことを言ってくる。

そのたびにお天気の話をするように普通の顔をして辛い現実を知らせなくてはならなかった。

「何でよ!なんでそんなこというんだ!?」と怒り出す父。

そのあとは黙り込むのだがその会話の記憶を引きずっているのではないようだった。

あるとき「そうだ、お袋に電話しないと・・・・・・そうか、もういないんだ・・・・」と口にした。

その後は母のことも祖父母のことも言わなくなった。




「山に行くかい?」というと行きたがるのでよく連れて行った。

山が好きな父は山小屋から月を見て素晴らしい月だと感動し、春になったら桜が見たいと言うようになった。

肩を貸し、山小屋の前を歩かせたりした。

春になったら畑に何を植えるとか、植えたものをお金にしなきゃだめだとか、未来の話をするようになった。

「人生の終わりに娘からこんな楽しい夢を見させてもらえるとは思わなかった。」と言ってくれた。

幸せそうに笑ったり、会話も楽しんだりした。

誰かのために何かしたいという気持ちも蘇り、「おまえのやり方じゃ、だめだ。」と言ってスコップを持ち出し、裏庭の除雪をしだした。

スコップにはほんの一握りの雪がついているだけで、ほとんど空を切っている状態だったが、何度も何度も雪をよけていた。

「いやあ、お父さんのおかげですっかりきれいになったわ。ありがとう。」と言うと「そうだろ?お前のやり方じゃな。」と嬉しそうに笑った。

相変わらず夜は明け方まで毎日のように徘徊していたが、時々ぐっすり眠れる日も出てきた。

ほぼ認知症からは脱し、以前の父に戻ったようだった。



この後は病状が悪化し、入院することになった。体中に癌が転移していたのだが、なぜか最期まで痛みが無かった。不思議なことだが主治医によるとたまにこういうケースはあるらしい。

およそ1か月の父との生活だったが、辛い記憶はない。

むしろ変わっていく父を見るのが楽しかった。

職場の同僚や上司の全面的な協力と友人や施設の職員の方の支えは大きかった。



入院してから後半の父は幸せとは遠い生活だった。

亡くなるまでの1か月半。

これはまた別の話となる。



後になって「ユマニチュード」を知った。

もっと早く知っていたならば入院中の父の生活の質を上げてあげられたのにと思う。
[PR]
by shirayuki312 | 2016-02-12 00:24 | 健康 | Comments(0)
階段で滑ったぞ!!
土曜日、ワカサギ釣りから帰ってきてから温泉に行きました。

気持ちよくなって帰ってきました。

にゃんこのご飯茶碗をさげようと(にゃんこはロフト暮らし)にゃん皿を持って階段を下りたのですが・・・

家ではめったにはかない靴下をこの時はいてまして・・・

しかも百均のアクリルふわふわ靴下

この靴下の中で足が滑るのを感じました!

「ヤバイ!」と思いましたが手にはにゃんこの皿を持ち、しかも手すりの無い急階段!!

かろうじて体をひねり右から落ちるようにしましたが、それもほんのちょっとしかできませんでした!

あばらの下の方とひれ肉のところと骨盤の上のところとお尻の下の部分と右二の腕外側を打ちました!

痛いのなんのって、そのまま床にうずくまり耐えました!

「いって~~~!!」「なにくっそ~~~~!!」と叫びながら湿布を貼り、寝ましたがすごいいた~~~い!!

次の日近くに住んでるKちゃんにお願いしてお掃除、お茶碗洗い、お昼の支度などしてもらいました。

ワンズの散歩はちゃこちゃんぱぱさんに頼みました。

ホント、助かりますう。

一番楽な姿勢は立っていることです。

つらいのは座っている姿勢で角度と振動などから車の運転が一番つらいです。

というわけで、ブログお写真アップは後日に延期です・・・。

もうちょっとで治ると思うんだ。

[PR]
by shirayuki312 | 2014-02-11 23:23 | 健康 | Comments(5)
なかなかの優れもの
腱鞘炎にいい物みっけ!!

e0291827_20155442.jpg


今までかっちりと締められる硬いサポーターはないかと考えていたんですが
ついに求めていたものが!!

ベルト状のものを巻きつけるので、締め付けたいところにぴたっと合わせることができます。

私もいろいろな部分に締め付けをしながら一番サポートしてもらって痛みがないところを探しました。

すると面白いことが分かりました。

痛い部分は手首内側と親指の付け根(関節と手のひら側の関節)なのに、手首を締めても痛みは軽減しないんです。

ところが・・・

e0291827_20243829.jpg


この線の部分をしっかりと締め、手首は緩めた方が痛みがないのです!!

e0291827_20305275.jpg


e0291827_20312780.jpg



よかったね!!

e0291827_20353099.jpg

[PR]
by shirayuki312 | 2013-05-04 20:35 | 健康 | Comments(6)
復活か?
お久しぶりです!いろいろいじりまくった結果、奇跡的にネットがつながりました!しかも結構サクサク動きます!理由は分かりません???


まあ、いいや。


というわけで近況報告です。


ババ~ン!


右手!
e0291827_2247831.jpg



左手!
e0291827_22482887.jpg



両手腱鞘炎!


夏の草取りがよくなかったみたい。


少しずつ調子が悪くなり指がごわごわしていましたが、秋の取入れで本当に痛くなり始め、どんどん悪化しました。


右手は特にひどくて手首もやられてしましましたぞ!


お医者さん曰く、治すには「動かさないこと」か「手術」なんだそうです。

両手中指と薬指もごわごわです。

冬の間無理をせず春までになんとか治したいと思ってま~す!
[PR]
by shirayuki312 | 2012-12-18 22:54 | 健康 | Comments(8)
悪夢の一夜~パート2~
さてさて、疲れた体にクエン酸を・・・まで話しましたね。

いつも水を入れているピッチャーからグラスに水を入れクエン酸を一袋、かき混ぜてニュースを見ながら一気に飲みました。

う~~~~~効く~~~~~

その時ふと頭をよぎったのは歯医者さんに貼ってあったポスターのこと。

リンゴ酢や酢の物などを飲んだり食べたりした後すぐに歯を磨くのはやめましょう。

水で口を漱ぐのも良いでしょう。そんなことが書いてあったのです。

そうだ、水で口を漱ごうと思い、グラスに水を入れて口に入れると

うっ!何?この味?

思わず吐き出しました!

ピッチャーの水のにおいをかぐとなんだか変なにおいがします。グラスの水もです。

その時思い出したのです。

今朝ピッチャーをきれいにしようと大好きな大好きな漂白剤を入れていたのです!!

ゲロ~~~ン!!

考えました。この時間では病院はないな・・・してみると自分でなんとかする他はない!!

胃の洗浄しかない!!

そこで水をがぶ飲み、口に指入れて吐く!

水をがぶ飲み、指入れて吐く!!

水をがぶ飲み、指入れて吐く!!!

を延々と続けたのでした。

最後には水しか出てこなくなるまでしっかり水がぶ飲み&指入れて吐くを繰り返したのでした。

さよなら~クエン酸~

さよなら~晩御飯~

さよなら~胃液たち~

そしてさよなら~大量のお水~~

きっちりと順番を守って出てくるの内容物たちでした・・・






ツカレキリマシタ・・・

牛乳を一杯飲んで倒れるように布団に入りました・・・

そして朝目覚めてテレビをつけた時

そこに映っていたのは

いつものみのもんたさんではなく!!

岡江久美子さんとやっくんでした!花まるマーケット~~

ぎゃ~!アルバイト遅刻だ~~~!!

・・・・・・・・もう・・・散々な一日でした。



まてよ・・・もし私が歯医者に通っていなかったら・・・あのポスターを見ることもなく

何も気づかず漂白剤を飲んでしまっていたということか?

そう考えると運がよかったのかもしれません。

ありがとう!

ありがとう!

ありがとう!

みすまいファミリー歯科!
[PR]
by shirayuki312 | 2012-11-14 23:43 | 健康 | Comments(4)
悪夢の一夜~パート1

e0291827_11544781.jpg


ぱっくんの日記は「ほんわか狆太郎」のカテゴリ「ぱっくん」でご覧ください。

**********************************





昨日は火曜日。一緒に畑をやっているコズさんの旦那さんタアチャンがお休みの日。

畑に男手がやってくる日です。しかもタアチャンの従兄の通称「お兄ちゃん」も来てくれたのでラッキー&ばんざ~い!です。

だから私もアルバイトの時間を短くしてもらい山の冬支度です!

まず始めたのはちゃこちゃんぱぱさんが使っている場所周辺の片づけ。

ゴミだらけなんです。不法投棄ごみや以前の農家が捨てていったごみなんかが大量にあるんです。

大きなごみかごにどしどしごみを捨てまくりました。

かごはすぐにいっぱいになるのでお兄ちゃんの操るユンボが登場します!

ユンボのバケットでごみを上からつんつんします。

だんだんごみがつぶれたり壊れたりしてごみの嵩が2/3に減りました。やったね!

さらにどしどしごみを入れます。ようやくいっぱいになったところで二つ目のごみかごも嵩減らしです。

かなりのごみを処理することができました。

と同時に粗大ごみを鉄ものとそうでないものに仕分けしました。

鉄ものは知り合いの産廃業者さんが持って行ってくれます。

そのあとは山小屋周りの支柱や鉄管、もろもろの物品をコンテナにしまう作業の続きです。

今日は男手があるので重いものもバンバン運び入れてもらえました!

お昼ご飯も食べず暗くなるまで働きました。

昼に食べさせようとチンしておいた「べにあずま」と「くりこがね」(サツマイモです)をようやく食べて

作業の後片付けをして終わりました。

疲れました。疲れ切って家に帰り、犬を連れて再び山に戻り夜の散歩です。

夜の散歩終了後家に帰りわんこ達のご飯、自分の夜ご飯・・・・いつしか転寝をしてしまいました。

目が覚めると体がずっぽりぬれた綿のように重く、疲労が体中に広がっていました。

そうだ、こんな時はクエン酸だ!クエン酸ドリンクを作って飲もう!と思いました。

そう、これが地獄の始まりだったのです!!

~続きはパート2で~
[PR]
by shirayuki312 | 2012-11-14 21:13 | 健康 | Comments(4)
あわや、ぎっくり腰か!!
昨日車庫の荷物を持ち上げようとしたら・・


ぎくっ!!びき~~~ん!
と腰からおしり裏太ももにかけて痛みが走りました!!


こ!これがぎっくり腰ってやつか!!?と思い、そのままの姿勢でゆっくり腰を下げ、そっと荷物を降ろしました。


いでででで!


それから山に行って用事を済ませ、家に戻ると「じつは!腹筋くん!」http://www.mizunoshop.net/f/dsg-9904にうつぶせに寝てマッケンジー体操風に・・・


しばらくすると痛みも治まり、ずいぶん楽になりました。


今しばらく重いものは持たないように安静にしていなければ・・・


今年は2度犬に噛まれ、一度ハチに刺され…今度は腰ですか!!


ま、雨も降り続くようだし、しばらく引きこもろうかと思います。
[PR]
by shirayuki312 | 2012-10-20 20:51 | 健康 | Comments(4)
  

ほんわか狆太郎の続編です!よろしくね!
by shirayuki312
プロフィールを見る
画像一覧
最新のコメント
まとめてしっかり分かったわ。
by masshy85 at 22:23
綺麗な空だね。 昆布は..
by masshy85 at 21:03
ちょっと考えたらわかりそ..
by shirayuki312 at 22:34
風で昆布が寄ってくるのね..
by masshy85 at 22:11
おなか回り、ウェスト横、..
by shirayuki312 at 08:45
健康的な生活だね。 わ..
by masshy85 at 21:52
ホントにさ。帰るよって言..
by shirayuki312 at 19:29
ワンコって、よく覚えてい..
by masshy85 at 19:41
そうなの。もともとは狩の..
by shirayuki312 at 23:41
すごいね、ちゃこちゃんは..
by masshy85 at 23:44
masshyさん 昔の..
by shirayuki312 at 23:50
あっこちゃん、賢いのね。..
by masshy85 at 23:17
そうなのさ。多分私だけな..
by shirayuki312 at 07:44
多頭飼いの醍醐味だね。 ..
by masshy85 at 20:12
仲良しなんだかどうだか。..
by shirayuki312 at 19:20
みんな、雪にも負けず、だね。
by masshy85 at 21:21
アッコちゃん、やるね。
by masshy85 at 09:06
自由に遊べるのっていいね..
by masshy85 at 22:24
アニスもそうだったんだ。
by shirayuki312 at 17:45
意思表示、しっかりするん..
by masshy85 at 22:58
最新の記事
家族が増えました
at 2016-12-02 21:48
昆布拾い、昆布干し2回目!
at 2016-05-28 20:17
あっこ、ドッグランで友達がで..
at 2016-05-27 17:55
昆布干し
at 2016-05-17 22:10
ついに60キロを切る!
at 2016-05-12 21:17
ライフログ
検索
外部リンク
ファン
ブログジャンル
動物・ペット
農家
画像一覧