カテゴリ:野鳥( 5 )
増えた!
朝のえさやりの時、私の持っているカップにとまってヒマワリの種を取っていく小鳥さん、二羽に増えました!!

さらに同じ種類のコガラが山盛り私の周りに群れています!

へっへっへっ!

鳥よせおばさんになるのも・・・夢じゃあないな!!
[PR]
by shirayuki312 | 2013-01-27 01:08 | 野鳥
今朝の小鳥さん
今朝はねえ、戸を開けるとログのデッキの柱にとまってあの小っちゃい子がご飯を待っていました。

私がヒマワリの種が入ったカップを差し出すと小さな頭をくりくりさせて中をのぞいて種を一つくわえて飛んでいきました。

私と小っちゃい子のすぐそばには同じ種類のコガラがたくさんいて私たちの様子を見ていました。

ヤマガラやシジュウカラなどはもう少し離れた枝にとまりこちらの様子を見ていました。

意外だわ。

コガラよりヤマガラやシジュウカラの方が早くなれると思っていたのでちょっと驚きでした。

親指と中指で輪を作った中にすっぽり収まりそうなほど小っちゃいコガラ。

かわいいですよ~。
[PR]
by shirayuki312 | 2013-01-19 15:29 | 野鳥
手乗り間近か!!
毎朝野鳥さんのためにヒマワリの種をあげているんだけど

この前、とっても小さなコガラが、おなかがすいて待ちきれなかったのか

私が持っているヒマワリの種が入っているカップにトンととまりました。

本人も「あっ、止まっちゃった。やべっ!」って感じだったんですけど

私が動きを止めて目をそらすと、(ちゃんと横目で見てたけど)ちょっと考えてから

一つ種をくわえると飛んでいきました。




そして今朝、今度は当たり前って感じでカップにとまった子がいましたよ!

同じコガラでやっぱりとっても小っちゃい子。

きっと同じ子だと思うんですよね。

また種を一つとると飛んでいきました。

その直後にハシブトガラが「オイラも!」っと飛び乗ってきたんですが

ビビりに負けて逃げていきました。



今度いつカップにとまってくれるのかなあ。

とっても楽しみです。
[PR]
by shirayuki312 | 2013-01-18 21:29 | 野鳥
野鳥なのにね!
うちの裏山に住んでいる野鳥たちは(おもにカラ類)私とうちのワンズのことをよく知っています。

私とスピッツファミリーが裏山に行くとやけに小鳥がついてきたりすることがあるんですよ。

真冬の今は、えさやりが遅くなると、朝のおしっこタイムの時に裏庭でスピたちと一緒にいる私のすぐそばを小鳥が飛び回ったり、起きろ~起きろ~とばかりにアカゲラが外壁を叩いたり、ヤマガラが居間の窓から中をのぞいたりします。

エサを入れる時には待ちきれないハシブトガラやシジュウカラが私の手の1センチわきのざるの縁にとまったりします。

勿論すぐそばの枝にはたくさんの小鳥たちがとまってやかましく鳴き、「はやく~はやく~」と私をせかすのです。

エサ入れのざるは作りかけのお風呂場の窓の外に吊るしてあるのだけれど、そのお風呂場にときどき小鳥が入り込むことがあるんです。

先週、一羽の小ぶりなヤマガラが入り込んでいました。浴槽の縁にとまり、こちらを見ています。

出口の方に追い立てようと近づきましたが小首を傾げて私を見るのですが逃げようとしません。

ちょっとパタパタするくらい。

そうっと両手で包み込むと小さな体はすっぽりと私の左手に収まりました。

人差し指をちょっと噛みましたが本気で噛んだようではありませんでした。

私はいろんな野鳥を保護したことがあるのでわかるのですが、野鳥が本気で噛んだらとっても痛いんですよ。

ちょっとにおいを嗅がせてもらいました。懐かしいにおいでした。

(昔、弱って落ちていたシジュウカラを一冬飼っていたことがあったので)

そのあと外に出て指を開くとヤマガラは飛び出していきました。

以前もこんなことがあったな。

その時はまだ風呂場の工事はしていなかったので、この場所はベランダでした。

一羽のヤマガラがそのベランダに置いてあった犬用のケージの上にとまり、私を見ていました。

その子はそのころエサが欲しくて時々キッチンの窓辺にとまってガラス窓をノックしていた子だったと思います。

逃げないので弱っているのかもしれないと思い、そっと布をかけて捕まえました。

顔を見ると元気なようなので手を開くと飛んでいきました。

カラ類は人によくなつくし頭の良い鳥ですからいつもエサをくれる人だとわかっているのだと思います。

春が過ぎて虫がたくさん出てくるころになるとぱったり野鳥たちは来なくなります。

そして冬が近づいてくるとまた私の窓辺にやってくるのです。
[PR]
by shirayuki312 | 2013-01-12 00:24 | 野鳥
山の小鳥たち
どんなに眠くても、どんなに辛くてもやらなくちゃならないことがあります。

家庭を持っていたら家族のこと、仕事のこといろいろあると思うけれど

私は犬&猫暮らしなので犬、猫の世話は必ずやらなくちゃいけない。

しろっち君は白内障で視力があまりなく、おまけにおむつ着用老犬だし、たすこは半身に障害が出ているこれまた老猫。
e0291827_1601883.jpg

e0291827_1605676.jpg


たすこは一度にまとめてご飯が食べられないので一口二口ずつものすごい回数食べるのです。

ご飯を置きっぱなしにできないのは、床に置くとまじゃ君たちが食べちゃうからにゃ~んと鳴いてたすこがやってきて舌をぺろぺろしてアピールしたら窓際の猫ご飯コーナーにあげてやらなければならない。

これは夜中も続く。日に何度もたすこのご飯タイムがやってくる。

他の子たちはまだ若いので元気いっぱいだけど、だから毎日の運動は欠かせない。

しろっち君の老化が進むまでは一日2回の山歩きが定番だったが、今では一日一度じゃないとしろっち君が疲れすぎてしまう。

他の子たちには申し訳ないけど今は運動が一日一度になっている。

そのほかに血迷って買ってしまった銀ブナ2匹と同じ水槽にいるアンモナイトと呼んでいるちょっと大きな巻貝にもご飯をやらなくちゃ。
e0291827_15501453.jpg


そして私にはそのほかにも数えきれない扶養者がいるのだ!

それが・・・

この人たち!
ヤマガラさん
e0291827_15405561.jpg


そう!野鳥さんたち!!
ハシブトガラさんたちやシジュウカラさんたち
e0291827_163129.jpg


ゴジュウカラさんも
e0291827_163441.jpg


君は誰??
e0291827_164323.jpg


ああ、いつも壁を叩いて催促する君ね!!
e0291827_1651940.jpg


みんな毎朝一度だけ私がこの籠にひまわりの種を入れるのを待っています。

どんな吹雪の日にも」やってくる子たちがいるんです。

早くちょうだいと足で窓をカリカリする子もいます。

あまりにたくさんの小鳥たちがやってくるので、食べ損ねた子もいるだろうとお昼にまた入れてあげたことがあります。

そうしたらどうでしょう!それから種が欲しくて何羽もの子たちがずっと枝にとまって待つようになってしまったんです。

罪なことをしました・・・。

朝なら欠かさずあげることができるけれど、それ以降は無理です。

なのにいらぬ期待をさせてしまったんです。

結局その子たちの期待を裏切り朝一度だけのえさやりに戻しました。

可愛いけれど野生です。やはりある程度距離を保ちながら付き合うことが大切なんだと思います。

えさやりは晩秋から春まで続きます。(すごい出費です…涙)

でも春の子育て時期が終わり虫が出始める頃えさやりをやめます。小鳥たちも来なくなります。

もうそれが10年くらい続いています。
[PR]
by shirayuki312 | 2012-12-31 16:25 | 野鳥
  

ほんわか狆太郎の続編です!よろしくね!
by shirayuki312
プロフィールを見る
画像一覧
最新の記事
家族が増えました
at 2016-12-02 21:48
昆布拾い、昆布干し2回目!
at 2016-05-28 20:17
あっこ、ドッグランで友達がで..
at 2016-05-27 17:55
昆布干し
at 2016-05-17 22:10
ついに60キロを切る!
at 2016-05-12 21:17
ライフログ
検索
外部リンク
ファン
ブログジャンル
動物・ペット
農家
画像一覧