まめちゃんの介護
恵庭にあるお店、トップワンに行ってきました。

「トップワン」

お店のわんこ、まめちゃん(スピッツ16歳女の子)が持病の癲癇の非常に強い発作を繰り返し起こし、ついに寝たきりになってしまったのです。

そのまめちゃんの介護のあれこれが私たちの参考になると思いミニ取材しました。

まず用意した方がよいもの…ベビーベッドです。
e0291827_23313162.jpg


ねたきりの子を介護するのは体力的に大変。
その点ベビーベッドは赤ちゃんのお世話をするためのものだから介護する側の疲労を軽減してくれるそうです。

リサイクルショップに行けば安く手に入りますよね。(もう使わなくなったベビーベッドをお友達からいただくとか)このベッドは5000円で手に入れたものなんですって!

そしてわんこの床ずれを防ぐために・・・

まず下には低反発マットを敷いています。汚れ防止のため手作りカバーをしています。
e0291827_23321666.jpg


その上におしっこシートを敷きます。これは切り売りの洗えるタイプのものです。
e0291827_23341357.jpg


その上にさらにはっ水シートを敷き、さらにタオルを重ねています。


腰の下にペット用シートを敷きますが、安いシートを使わないことが大切なんですって!

安いシートは薄くて吸収体の量も少ないために体におしっこがついてしまうんです。

厚手の良いものを使うことで尿の逆戻りがなく、介護されている子が気持ちよく過ごせるということなのです。

これですでに寝たきり歴2か月ですがまめちゃんには 床ずれがないのです!

また、ベビーベッドは人間の赤ちゃん用なので小さめのわんこは頭を挟んでしまう危険性があるので、側面を段ボールで囲むと良いそうです。

写真にあるようなワイヤーのアミでは鼻先が挟まってしまうようです。

   

次に食事と給水です。

まめちゃんはほとんど体を動かせないけれど食欲はあるんです。
おやつのパンを口の先に入れてあげると・・・・
e0291827_10481274.jpg


ほら!上手に食べ始めましたよ!
e0291827_1049292.jpg


トップワンにはものすごいご長寿犬、けんちゃんがいます。
スピッツの男の子、なんと・・・18歳と8か月です!

やっほー!おいらけんちゃんだよ~!
e0291827_1053291.jpg


きれいにシャンプーしてもらい、パフのようにふわふわです!
けんちゃんは普段はほとんど寝ている状態ですが立たせてあげると動けます。
でも首は上がらず、このまま四肢を動かそうとするので、前には進まずなぜかバックしちゃうんです。
e0291827_10543683.jpg

でも自立して足を動かせるなんてすごいですよね!しかもご飯もちゃんと食べます。


けんちゃんのご飯は半生タイプのドッグフードの柔らかさくらいに湿らせたフード。
これを口の横からほお袋のあたりまで奥に押し込んであげます。

お水はもう飲まないんですって。美味しい粉ミルクを混ぜてあげないとね。すっかり王子様です。

それぞれのわんこの病状や状態、年齢に応じてきめの細かい介護をしていることに脱帽です。


まめちゃんの話に戻りますが、まだまめちゃんは上半身を持ち上げて口元にお水を持ってきてあげると飲もうとします。
e0291827_1044305.jpg

でもよく見るとほとんど飲めていないようです。しかし、オーナーさんは「自分で飲んだ気持ちになれるから時々こうしてのませてあげるのよ。」と。

そのあとシリンジで水を与えます。
口の横からまめちゃんの飲み方に合わせて少しずつ入れてあげます。
e0291827_10424440.jpg


こんなやり方を知っていたらたすこはもうちょっと生きられたのかなあなんて思いました。



次に排尿と排便です。

まめちゃんはまだ自力で排尿はできるようです。

排便の方はいきむことができないので手助けします。
e0291827_1114625.jpg


便が出た後はおしりふきできれいにしてあげていました。まめちゃん、気持ちよさそうでしたよ。




ほとんど床ずれのないまめちゃんですが、硬直した手足を動かすことがあり、その時に足の内側がこすれて血が出てしまうことがあります。

傷口にテープを巻いてあげていました。
e0291827_1144199.jpg


ベビーベッドに置いてあるこのタオルは、まめちゃんの頭がベッドの縁や角にぶつからないようにする枕だそうです。
e0291827_11245782.jpg


オーナーさんは低反発マットレスを使ってこんなものまで作っていました。

まめちゃん用ドーナツ枕!!
e0291827_1162259.jpg


相手にどうしたら喜んでもらえるか、どうすれば気持ちよくなれるのか工夫を重ねているのですね。

家はしろっち君がまめちゃんと同じく癲癇持なので、今後まめちゃんと同じ状態になることが考えられます。

今回のミニ取材、すごく勉強になりました。
[PR]
by shirayuki312 | 2013-07-15 23:38 | ペット | Comments(10)
Commented by masshy85 at 2013-07-16 21:58
すごいね、尊敬しちゃう!

優しい人なのね。
Commented by Tobi at 2013-07-17 11:44 x
もう亡くなってしまいましたが、知人のゴールデンちゃんが癲癇でした。
食欲旺盛?癲癇で脳のダメージ?・・・とにかく周りにあるもの何でも食べると言ってました。トイレシートも首輪も通りかかった猫の尻尾も!(猫は怒ってそれ以降近寄らなかったらしい^^;)なので、「何も下に敷けないの」と言ってクッション性の良いフローリングに直接寝てました。
ご長寿さん!がんばれ~!
Commented by すずまま at 2013-07-20 10:17 x
たいへん参考になります
それに 強い愛情も感じます
少しでも 快適に少しでも 少しでもという
思いやりが 伝わって来ます

がんばろうね
Commented by shirayuki312 at 2013-07-24 21:27
masshyさん
からっと晴れやかに説明してくれました。生きている間はできるだけのことをする、ただそれだけっていう感じなんです。プロなんだなあと感心します。
Commented by shirayuki312 at 2013-07-24 21:31
Tobiさん
きっと脳の障害があったんだよね。しろっち君の場合癲癇の薬の副作用で食欲が激しくなってます。
あと何年かしたらしろっち君もこうなるのかもしれないから少しずつ準備をしようかと思ってます。
Commented by shirayuki312 at 2013-07-24 21:43
すずままさん
若くして病魔と闘っている子もいれば、老いと闘っている子もいる。でもいずれにしても良い飼い主と巡り合って今を生きています。巡り合ったからには最善を尽くす、強い心を持って。そんなことを学ばせてもらいました。

まめちゃんもケンちゃんも、たくさんの子たち、頑張って生きてほしいです。
Commented by fumi_mama at 2013-07-30 12:46
こんにちは。
低反発は良いそうですね。
以前老犬介護の講座で私も知りました。

たすこちゃん、最後はお母さんだけ見つめていたかったのね。
猫は人につかないで家につく、ってよく言われますが、実際に飼ってみると違いますよね。
お母さんの側でゆっくり眠りにつければ幸せだと思います。
Commented by shirayuki312 at 2013-08-10 10:47
fumi mamaさん
ありがとうございます。たすこは幸せだったのか、本人に聞かなければ分かりませんが、私はたすこがいてくれてよかったと思っています。たすこは猫人生の中で2度の引っ越しを経験しました。そのたびにへむへむをどこかに隠し、家じゅうを探索、安全を確かめてから戻ってきました。猫なのに極度の緊張のせいか大きく口をあけ、息をはあはあさせながら戻ってきました。猫は実に愛情深い動物ですよね。へむへむはさびしいのか、最近わんずにすり寄り、顔をなめたりするようになりましたよ。
まめちゃん、まだまだ頑張っています。このブリーダーさんは旦那さんが倒れた際に若い犬たちを手放し、老犬を残して面倒をみています。その時はこの権者出身の子たちの飼い主さんたちが引き取りました。そしていよいよここも9月いっぱいで閉めることになりました。寂しい限りです。時々野菜を持って遊びに行こうと思ってます。
Commented by バルキング at 2013-08-23 01:10 x
なかなかわんちゃん介護も大変そうなんですねぇ。

飼い主の優しさに包まれて本当に幸せそうな感じがしますね。

思いやりがひしひしと伝わってきます。

19歳くらいのわんちゃんて人間で言うといくつきらいなんですかね。
Commented by shirayuki312 at 2013-08-24 02:27
バル君
実は18日にケンちゃんが、そのあとまめちゃんが亡くなりました。
でも二人とも幸せな子たちだったと思います。今はさ、年をとったからいらない、痴ほう症になったから要らない、病気にかかったからいらないといって捨てる人が結構いるのよね。ペットの病院代が出せないという事情があったら、病院に連れていけなくてもさ、それはしょうがないよね。でも、せめて看取ってやれよと思うのよね。家はしろっち君が13歳だけどう~たんが9歳、まきちゃんが8歳、まじゃ君とゆりこちゃんが7才、ぱっくんは推定10才超えだからもしかしたら全員同時期に介護かもよ!!そうなったら赤ちゃん用ベッドを改造して、みんなを乗せて散歩するわ!それはそれで楽しいかもね。19歳くらいのケンちゃんはおそらく100歳超えでしょうねえ。

ほんわか狆太郎の続編です!よろしくね!
by shirayuki312
プロフィールを見る
画像一覧
カテゴリ
ペット
ぱっくん

キノコ・山菜
健康
地元
社会
自然
野鳥
その他
手作り
最新のコメント
まとめてしっかり分かったわ。
by masshy85 at 22:23
綺麗な空だね。 昆布は..
by masshy85 at 21:03
ちょっと考えたらわかりそ..
by shirayuki312 at 22:34
風で昆布が寄ってくるのね..
by masshy85 at 22:11
おなか回り、ウェスト横、..
by shirayuki312 at 08:45
健康的な生活だね。 わ..
by masshy85 at 21:52
ホントにさ。帰るよって言..
by shirayuki312 at 19:29
ワンコって、よく覚えてい..
by masshy85 at 19:41
そうなの。もともとは狩の..
by shirayuki312 at 23:41
すごいね、ちゃこちゃんは..
by masshy85 at 23:44
masshyさん 昔の..
by shirayuki312 at 23:50
あっこちゃん、賢いのね。..
by masshy85 at 23:17
そうなのさ。多分私だけな..
by shirayuki312 at 07:44
多頭飼いの醍醐味だね。 ..
by masshy85 at 20:12
仲良しなんだかどうだか。..
by shirayuki312 at 19:20
みんな、雪にも負けず、だね。
by masshy85 at 21:21
アッコちゃん、やるね。
by masshy85 at 09:06
自由に遊べるのっていいね..
by masshy85 at 22:24
アニスもそうだったんだ。
by shirayuki312 at 17:45
意思表示、しっかりするん..
by masshy85 at 22:58
最新の記事
家族が増えました
at 2016-12-02 21:48
昆布拾い、昆布干し2回目!
at 2016-05-28 20:17
あっこ、ドッグランで友達がで..
at 2016-05-27 17:55
昆布干し
at 2016-05-17 22:10
ついに60キロを切る!
at 2016-05-12 21:17
ライフログ
検索
外部リンク
ファン
ブログジャンル
動物・ペット
農家
画像一覧